ナースの初任給

ナースの初任給

ナースの初任給は、多いように想像される人もいますが実際には、
手取りが20万円未満が60パーセント程度になるでしょう。
手取りでは、15パーセント程度の人が15万円以下になる人もいるそうなので、
初任給としてはあまり期待しないほうが良いでしょう。
中にはユニホーム代などで初任給から10万円程度控除されていた人もいるようです。

 

初任給としてインターネットで検索してみると平均で26万円です。
どの企業でも3割利程度引かれますから、手取りなら20万円以下でも仕方ないかも知れません。

 

一般的な事務職ですと総支給で15万から18万円程度になります。
そこから3割程度引かれると、それでもナースの初任給がかなり高額になる事が分かります。

 

営業職の大学生卒業でも20万円から26万円程度が一般的です。
平均的な給料からするとかなり高額な給料をもらう事になります。

 

医療機関によっては、寮費を二か月分最初に請求される事もあります。
手取り額がかなり思っていたよりも少ないと感じる人もいるでしょう。
医療関係の場合は、一般的な会社員よりも家内給料は良いのですが、
その反面交代制勤務に耐えられるかどうかが問題になってきます。

 

3交代制の医療機関が少なくなりつつありまして、
2交代制の勤務が多くなっています。
だから、長時間の労働に耐えられる体力も必要です。

 

日勤と夜勤の繰り返す形になりますから、体調の管理も万全にしておく必要が出てくるでしょう。
特に夜勤は、仮眠が出来るという事もあるのですが、
救急が多い場合は一睡も出来ない事もあります。
注意してください。

 

初任給は高く感じますが、実際の内容から考えると
夜勤がありますので、相応の給料をもらっている事になるでしょう。