ナースの国家試験

ナースの国家試験

ナースは、正式名称は看護師で国家試験を受けて合格した人だけが、
看護師として働くことが出来ます。
平成26年の看護師国家試験は、2月16日になります。

 

試験をする場所は、北海道や青森県、あるいは宮城県、そ
して東京都、さらに愛知県、または石川県、他にも大阪府、さらに広島県、
または香川県、あるいは福岡県、そして沖縄県で行われていますが、
全国の各都道府県で行っているわけではありません。

 

お近くの試験会場まで行く必要がありますから注意しましょう。
近年天候不順が続いています。
交通機関の遅れなどを考えて遠くにお住いの人は、
近場にホテルを取って前日入りをする事をお勧めします。

 

受験資格は、看護師になる為の内容を教えている大学や専門学校、
あるいは准看護師の場合は看護師になる為の学校に通う必要が出てきます。

 

資格試験が不安な人は、問題集なども出いますので参考にすると良いでしょう。
試験の内容は、マークシート方式や写真などを取り入れた問題などになっています。
必修問題や一般問題、そして状況設定問題になっています。

 

試験の合格率は80パーセント程度と言われていますが、毎年変わりますので注意しましょう。
合格は、毎年3月下旬から4月上旬に厚生労働省や地方厚生局、
あるいは地方厚生支局から発表されます。

 

平成25年は、56530人が試験を受けて、50244人が合格しています。
合格率は、88.8パーセントですから真面目に勉強していれば合格する事が出来るでしょう。