ナースの資格

ナースの資格

ナースは現在看護師として、名称が変更されていますが、
看護婦だけではなく男性も最近看護師として働く人が増えてきていす。
男女平等の観点からそのように記載傾向があります。
看護師になるには、高等学校を卒業した後に看護師になる為の専門学校や大学に行き、
看護師の国家資格を取る事で看護師になることが出来ます。

 

もう一つの方法としては、中学校卒業後に専門学校に行き、准看護師の資格を取ります。
その後に実務経験3年以上を経て看護専門学校へ2年通う、
あるいは高等学校看護科を2年、もしくは看護短期大学2年通う事で、
看護師国家資格の試験を受けることが出来るでしょう。

 

現在准看護師の人でも看護師になる事は出来ますから、
安定した収入などを求める場合は、看護師になる事をお勧めします。

 

准看護師は仕事の内容としても、指示を受けてから動く事になっていますので、
自ら進んで看護活動をすることが出来ません。

 

看護師と准看護師の違いは、看護師は国家資格で、
保健婦助産婦看護婦法の第5条に定められた看護行為が出来ます。

 

准看護師は、都道府県知事の免許を受けて、
医師や看護師の指示のもと看護行為をする人の事を言うようです。
医療機関では同じような仕事をしていますので、
患者からは違いを見る事は出来ないでしょう。

 

しかしながら、近年看護師を採用して、准看護師を採用しない傾向にありますから、
准看護師の人は転職の際には注意しなければいけません。
給料面でも准看護師の方が少なくなる傾向ですし、看護師よりもリーダー職になる機会が少なくなります。